9月19日、たぶん絶命。

×絶対

時間が来たら自動的に電源が切れる系の知的生命体は、寝る準備を含む時間の管理をもっと厳密にするのだろうなあ。
夜の寒さで毎日冬眠する砂漠蜥蜴人とか、稼働時間が決まっているアンドロイドとか、朝が来ると灰になる吸血鬼とか。
生命体じゃなさそうなのが多いなあ。

[PR]
# by ruif | 2018-09-19 00:25 | →日記。 | Comments(0)
では、東洋で都合の悪いことは何のせいにするのかというと、うーん、なんだろう。
昔から、となると、神様か政治だろうかなぁ。

寝ようと思って目を閉じるも、
「ヒッ……こ、こいつら脚の断面が……マッシュルームみたいになってる………!!」
みたいな幻を見てしまう。
神の怒りに触れたのかも知んない。

[PR]
# by ruif | 2018-09-14 01:39 | →日記。 | Comments(0)
顔の筋肉の運動だよ。
[PR]
# by ruif | 2018-09-11 01:27 | →日記。 | Comments(0)
その状態でも、まぶたの裏で自分の腕や指の形が大体正確に認識できる。
これは別に「体の表面の感覚から空間を把握している」のではなく、単に「自分の形や動かし方は大体把握しているので想像できる」ということなんだろう。

明晰夢を見た。
通常、「これは夢だ」と完全に理解している状態でも自分の夢を操作することができない私だけれど、「夢の内容をメモするために一旦目を覚まそう」という状況のみ、自由に夢を操作できる。
操作といっても「目を覚ます」だけなんだけど、お陰様で、まだ眠い。

それはそれとして、過去の自分と意見が変わった場合、何も言わずに鞍替えすると大体叩かれるか、少なくとも悪感情を持たれるものである。
ので、意見が変わった場合は、「意見が変わった」と一度明言する方が無難なのじゃなかろうか。
「昔は俺もワルだったけど」とかいう大人は今でもそんなに善良でない場合があるけども。
「昔は俺も右派だったけど」とかいう左派はそれなりに左派なんじゃなかろうか。
知らないけども。



[PR]
# by ruif | 2018-09-10 18:44 | →日記。 | Comments(0)
これを
「兵士の強さを5段階評価で表す言葉」
だと推測してしまったら、
「ジャクソン5」は
最高レベルの強兵だと思い込むのだろうか。

目が疲れたので今日こそ早く寝たい。

[PR]
# by ruif | 2018-09-09 21:35 | →日記。 | Comments(0)
魚と血の臭いがする。
[PR]
# by ruif | 2018-09-09 21:30 | →日記。 | Comments(0)
やっぱり家が一番、とは思わないけど、少なくとも最下位ではない。
[PR]
# by ruif | 2018-09-08 09:25 | →日記。 | Comments(0)
馬を食べるグリフィンと、グリフォンに食べられる馬の子がヒッポグリフである。

カマキリを食べるカマキリと、カマキリに食べられるカマキリの子がカマキリだ。

加えて、ライガーやレオポンといった命名規則に従えば、これ馬側が雄で、グリフォン側が雌なんじゃなかろうか?
Wikipediaでは「グリフォンと雌馬の間に生まれたという伝説の生物」とか書いてるけども、Wikipediaを盲信するのは危険だからな。知らないけど。

とはいえ、ライガーの規則に従うとヒッポンになるのかも。
ペンギンを食べるトドの話は、よく覚えてないから別に良いや。

現在、長野県長野市(たぶん)でゴロゴロしながら、明日の予定が済んだらどうしようかなあ、と考えているところ。
別にスキーも好きじゃないし、そもそもスキーの季節じゃないし、まっすぐ帰ってもいいんだけど、どうしたものかなあ。

[PR]
# by ruif | 2018-09-05 21:35 | →日記。 | Comments(0)
予定と予約は15分くらいで終わったので、後は午前7時に起きて準備をし、8時過ぎに家を出て、スケジュール通り行動するだけ。
そのためには午前0時には寝る体制に入らねばならぬ。
そして今は午前1時を回ってしばらく経ったところだ。
破綻が早いなあ。

[PR]
# by ruif | 2018-09-05 01:14 | →日記。 | Comments(0)
電車の時間調べるのもめんどくさい……。
予定のある遠出は向いてない……行き当たりばったりがいい……。

今週、台風の後を追うようにして、千葉とか長野とか行くんだけど、タイムスケジュールを組むのがとにかくめんどくさい。
出来るか、出来ないかで言えば、出来る。その能力はある。経験もある。
やるか、やらないかで言えば、やる。その必要がある。約束もある。
ただ、ひたすらめんどくさい。

過去に遡って時計を発明した全ての人間を殺害し、その後また別のトリガーとアプローチで時計を発明する全ての人間を殺害すれば、世界はどうなるのだろう。
時間を正確に測る道具が世界的な禁忌とされるのだろうか。
時は神のみが司るものであり、人が支配しようなどと考えてはならない、とかいう教えが多くの宗教に組み込まれたりするのだろうか。
まぁこの設問の意図は、そういう短絡的な話ではないとは思うんだけど……。
たとえば、史実での時計職人がまったく別の精密作業に携わるようになり、芸術分野が著しく発展するとか。
そういう周縁的な話でもないとは思うんだけど……。

[PR]
# by ruif | 2018-09-04 09:43 | →日記。 | Comments(0)

ごく一般的なweb日記。


by ruif
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30