人気ブログランキング |

3月3日、しこうげーむ。

周回遅れで参入してきていつの間にか変なルール作って業界を支配する団体Aと、
盤面上では一応既存のルールに従ったダーティプレイで業界を支配する団体B。
有象無象の零細団体的にはどっちがマシかな、という話をなんとなく考えていた。
つまりこれはお金の話なんだけど、「よくわかんないから、わかりやすい具体例を挙げるか」と考えてみたところ、
うっかり近現代世界史の話になってしまいそうだったので、そのくだりは割愛する。
じゃあ、架空の朝廷と幕府とでもしよう。
ふんふん。なんとなくイメージついた。

とはいえ現実に則して考えれば、
団体Bが業界を完全に支配したら、その後は自由に変なルールを作るだろうし、
この2者は比較する意味がないような気もするな。

無責任に無益な思考を転がすためには、もっと、ギリギリあり得ない仮定を考えなきゃなんない。 
現実に則して、なんて言えない程度には、あり得ない仮定を。

現代人の悲しみの大半は言葉によって引き起こされると考え、あらゆる言語を廃した団体と、
音楽は大体すべてを解決すると考え、あらゆる会話を歌に乗せる団体。
第三者たる弱小勢力なら、個人としては前者、団体同士としてなら後者の方が、まだ付き合いやすいかな。
とはいえ、どちらかと組んでどちらかを滅ぼすなら、前者を残した方がマシかなぁ。
その後の対立に至る可能性が若干低い(こちらの動き次第で、長期間完全に距離を置くことができそう)で、仮に敵対しても脅威度が比較的低そう。

と思ったけど、言語がない団体は、自分達が言語を廃した理由を記録として下の世代に残せないから、将来的には普通に新たな言語が生み出され、使われるようになるんじゃなかろうか。
やっぱり前者を残しつつ、少しずつ支援などしつつ、勢力を切り崩すのかなぁ。
弱小勢力にそんなことできるわけないじゃん。

ねよねよ。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-03-03 01:12 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
世の中には「ミスだろ?」という意味で「仕様ですか?」と聞く人もいるけど、それは一部の傲慢な人だけだよ。
「ご意見として受け止めます」的な文言を添えておくのが吉。[註1]
有意な数だけ同じこと聞く人がいたら、再度開発担当に共有して、仕様変更も検討してもらえば良いと思うけど。

何の話をしているのかというと、書籍の脚注って便利だなという話だよ。
ウェブページ的な脚注も、それはそれで良いのだけど。

[註1]実際検討するかどうかは別として。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-03-02 04:41 | →日記。 | Trackback | Comments(0)

3月1日、逆節分。

3月2日は逆節分、というキャッチコピーを考えたのだけど、今年の節分は2月2日だったのだな。
つまり、2月2日が節分にして逆節分であった。
仕方がないので、3月3日のひなまつりまでイベント事は我慢しよう。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-03-01 22:46 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
たぶん違うと思うけど。
死亡扱いになったら普通に誰かに相続されて、ややこしいことになりそうだし。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-03-01 02:37 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
金属アレルギーのロボも大変そう。
太陽エネルギーのロボも、あんまり力出なさそう。
私もあんまり力出ないけど、明日からまたがんばろー。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-28 17:31 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
というのがいて、その新作を読んで、数ヶ月ぶりに打ち震えている。
「映像のような」画作りは、比較的多くの作家ができることだし、
「静止画のような」画作りは、ちょっと真面目にやれば誰にでもできるけど、
「漫画ネームのような」画作りを、漫画原作用の脚本でなく、文章それ自体の魅力を損なわず実現できるのは、とても不思議だ。
モンブランのクリームで作られたザルソバが、蕎麦としてうまい、というくらいの異常性。
かつて、ドキュメンタリーと実用書しか読めないタイプの、そして己のその感性が高尚な自由意思に基づく選択だと信じていた人々に、問答無用で物語を読ませた実績は伊達ではない。

残念ながら当weblogは全年齢対象なので、具体的な話は何もできないんだけど。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-27 22:19 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
ほへええ……大会の数と競技人口が多いと、賞金額と名声と交通の便で参加者のレベルが自然に調整されるから、細かいハンデや制限をつけたり、運営がマッチングしたりせずとも、ざっくり分けるだけで見えざる手によりゲームバランスが取れてしまうのか……。
そういえばテニスや何かも、大会のグレードによってポイントか何かが違うのだっけ。あれはまた少し違うか。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-25 03:34 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
標題は個人の思い付きによる感想であり、仮に誰かの考え方に真っ向から反するものであったり、たまたま直前に何らかのリセマラをおこなった人がいたりしても、それは偶然というか、個人攻撃の意図はないというか、そもそも本質的には同じ考えであって、受け取り方の違いによって意見が食い違うように見えても、実は敵対する必要もないかもしれないし、そんなに気にすることはないと思います。

それとは全然関係ないんだけど、4コママンガのコマ単位の素材がたくさんあって、組み合わせて台詞をいれるとそれらしくなるアプリが求められます。
背景に自分で写真など配置できると尚よいです。
横文字展開も視野にいれ、吹き出しは横書き可能な形状にしてください。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-24 21:16 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
中略、
つまり万人向けの漫才ネタというのは、
1.難しいルールを使わないか、
2.ジョークが多層式になっているか、
3.常に背景で図解されているものになるのだろう。

とはいえ、マジで想像を絶するほど何も考えない人というのは意外にたくさん存在するので、1や2で最低限を見誤る場合は多いし、3でも同様のことが有り得る。
人類に万人向けは不可能、といった観点からも、やはり司書AIによる個人単位のジョーク提供が望ましい。
人類はそれにより共通の話題を失うけど、昔ほど大きな問題じゃないよね。

全然関係ないんだけど、カルト的な人気を誇る作品というのは、やはりそうなるだけの理由と、そうなっても最低限誤魔化せる程度の地力があるんだなぁと思った。
映画を見るのは時間的にも情報量的にも効率が悪いので、できれば原作を読みたいところ。
でも教徒の人は大体みんな映画の話を前提にしているので、たぶん原作とは違う良さもあるんだろう。
寿命が無限で、予算も無限で、脳が加速できたらいいのになぁ。

あとまた話変わるんだけど、あれ。
カレー、ラーメン、チャーハン、コロッケ……麻婆豆腐は有史以来、多様な料理と組み合わされてきたじゃん。
たぶんソフトクリームや鯛焼きくらいなら、余裕で商品化されているでしょ。
餃子をスナック菓子に仕立てた代物をまず流行させて、そのバリエーションとして、麻婆豆腐味を作ってもらえたら、買うかどうかは別として嬉しいなと思った。

さっきから、あんまり話が変わってないな。

※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-24 01:10 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
みんなが課金すれば、高予算のアニメが残るよ……。
※コメント欄はスパム対策等で禁止ワードが多数設定されています。
 入力が難しい場合、必要に応じてツイッター等にご連絡ください。
# by ruif | 2021-02-23 00:05 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31