5月23日、旅行系やスポーツ系の趣味の人が足を悪くしてから老け込むって話は度々聞く。
だから私はつねづねスポーツなんか趣味にすべきではないと言ってるんだけど、それを言うのは心の中でだけなので、基本的には誰にも伝わらない。
あと、特定の人物や品物が関わる生き甲斐は、その人物との離別死別、品物の消失や販売停止でおおむね潰える。
だから老後に向けた趣味は一人で、特別な道具のいらない、足や目が悪くなっても続けようがある、可能であれば多少思考能力が落ちても続けられるものを選ばねばならない、とも言ってるんだけど、そちらも心の中でしか言ってない。
老後の趣味で山登り始めたとか言い出す人を見ると、それができなくなった時のことは考えてないんだろうなあと不安になる。ぽっくり信仰の教徒さんなのかな。自分は要介護対象にはならないって、疑いすらしない。

何の話をしているのかというと、「生き甲斐がひとつしかないのはリスクマネジメントが甘い」という話。
それはつまり、「生き甲斐が複数あったとしても、すべての生き甲斐が潰されれば、人は生きる気力を失う」ということでもある。
「これさえあれば他に何もいらない、他人も世間もお金も地位も名誉もどうでもいい」って生き方は存外脆い。すべてを失っても、お金があれば生き甲斐は買えるのに。
最初から熊を恐れない犬は良い熊犬にはなれないというけれど、熊を恐れていても、百匹の熊に囲まれたら、大抵の犬は死ぬのだ。
死なない犬は、物理攻撃無効の犬だけである。

[PR]
# by ruif | 2017-05-29 02:56 | →日記。 | Comments(0)
5月22日、にゃんつかぴゅーま。
徹底して搾り取って、そんな考えも起きないようにしておこう。
つまり物理的な自戒である。

[PR]
# by ruif | 2017-05-22 08:48 | →日記。 | Comments(0)
5月21日、食事には体力を使うし、入浴や読書にも使うし。
なので、体力を使わない食事(おかゆみたいなの)や、体力を使わない入浴(つかるだけみたいなの)や、体力を使わない読書(ゼロストレスで読めるみたいなの)が求められる時があり、それは今であり、なおかつ、ゼロストレスで読めるものが久々に尽きてしまった。こまった。
[PR]
# by ruif | 2017-05-21 22:43 | →日記。 | Comments(0)
5月20日、古代帝国コダヌキア。
「ベントラー」は宇宙語なので、まず、これで宇宙人側に「何か呼ばれたぞ」と気付かせるわけ。
ほら、アメリカ政府とかも、あらゆる通信から特定の単語を拾って、その周辺の会話を重点的に聞いてるわけじゃないですか。 #陰謀論
で、「ベントラー」のあとに「スペースピープル」という、宇宙人的にも頻繁に聞く地球語を並べることで、情報の関連性を高め、「ああこれ私ら宛だわ」と確信させる。
その後は日本語で話し掛けても、先方が暇なら、ちゃんと翻訳してくれるだろうって算段よ。
ちょっと考えればわかることだね。

[PR]
# by ruif | 2017-05-20 12:31 | →日記。 | Comments(0)
5月19日、心じゃろ、松ッ!!
今なんか癒しの瞑想的なことしてて忙しいから、後にしてもらえないだろうか。
[PR]
# by ruif | 2017-05-19 23:07 | →日記。 | Comments(0)
5月19日、山頂薔薇屋敷。
山頂って名目なんだけど、実は九合目とかなの。
[PR]
# by ruif | 2017-05-19 22:58 | →日記。 | Comments(0)
5/19、見ての通り。
濁す余裕もない程度には体調が悪い。
あるいは濁す必要がないと考える程度に判断能力が落ちている。

実際テストを手動で実画面でやるというのは糞ほど効率わるいのだけど、手動で実画面で十分なテストをしていると、終わるころにはUIも改善されてたりするんだよなぁ。触ってて死ぬほどいらつくため、精神衛生上直さざるを得ないので。
ので、UIの正解が自分の中にできるまでは、そういう非効率的な修行もまったくの無価値ではないのかもしれないけどまぁそんなの機能実装と一緒にやるのがおかしいので「個人開発のゲーム」でもなければ現実的ではない。
という話は前にもしたことあったかな。

にゅっと出る系のウェブサイトって、大体ページをめくるたびに苛立ちが募るものなんだけど、上記サイトはたぶん、表示・調整を繰り返して、「許せる」範囲での演出に調整したんだと思う。端的に言って、大変心地よい。
もしくは体感で許せる範囲の時間(テンプレ)を過去に記録したかだな。
ほら、DTPで言えば
「プリンタで出すなら8ptまでは一般的にみて許せる範囲、
 印刷所に出すなら6ptまでだと苦情を出すまではない程度、
 それ未満だとクレーム来ても仕方ないレベル」みたいな感じで。
地域や界隈によって感覚も違うだろうけど、みんながそれぞれ、それを体感として得てるものってあるでしょう。
活字だったら絶対に起こりえない文化っていうか、デジタル化によりかえってアナログに近付いた、極めてファジーな感覚よ。

「ページの下の方で画面を更新すると、上の方に移動するまで内容がにゅって出てこない」サイトって未だにあるけど、そういう常識というか前提みたいな部分もきっちり対応しているし、好き嫌いはともかくとして、これを納品されて値切ろうという気には特にならないかも。
個人の感覚かも。

私が安易なレスポンシブ信仰に懐疑的なのは、ただレスポンシブであることだけを追い求め、レスポンシブの狭間で消失するログアウトリンクとか、レスポンシブの狭間で下に移動して段違いになるサイドバーとか、詰めることを優先しすぎて読みづらくなってるデザインとか、そういうものを放置しているサイトへの印象が認識を引っ張っているだけで、みんなが動作を確認してくれていれば、きっともっと歓迎していたのだ。

ここまでうわごと。

[PR]
# by ruif | 2017-05-19 12:53 | →日記。 | Comments(0)
5月19日、休みを取ってもどうせ休めないので普通に仕事にゆきましょう。
体調不良で休んだり病院に行ったりしても、結局なんやかんやで自宅からお仕事をしているので、心身ともに休まらない。
少なくとも寝入ることができないので、まあよくない。

だから以前から、もう一人くらい平時から同じような業務をやる担当を増やしてほしいとは言ってるんだけど、全然増える気配もないので、まあ仕方ない。別名目で雇ったけどあんまり使えない感じの人とか気軽に入れてくれればいいのに。テンプレートをコピペしたり、振られた話を右から左に流すだけだよ。
休みがあり、必要な休みがとれるという前提なら過剰な労働でもないんだけど、休養が必要なときに休めなければ、当然損耗が蓄積するだけだからなあ。

大体、先方で表に出てくる担当が5、6人いるのにこちらが1人というのは、まあまあおかしいのではないかな。先方内部で意思統一と情報共有がなされてないことは問題視されているらしく、ようやくタスク管理と情報共有用のツールを導入したらしいんだけど、弊社の側では現状そこにわたし一人しか閲覧権限を与えられてないので、んーて感じ。
本当に右から左に流すだけでいいならともかく、流した話が聞き流されてるパターンも多いし、流れの怪しい展開もあるので、それやると既に破綻気味のところが、完全に破綻する気もするのだけれど。どうだろう。そもそも社内工数というか技術的よりむしろ思想的なキャパシティをこえてるのはあるので、一度切られても仕方ない感もあるんだよなあ。
アカウント数にも制限があるようなので、そのうち社内でアイパス共有しなければならないのかなあ。あんまり良くないというか、普通に悪いんだけど。

あたまがくらくらする。

[PR]
# by ruif | 2017-05-19 09:26 | →日記。 | Comments(0)
5月16日、グリーンスリーブスアンドブルーカラーズ。
レッドシェルズブラックタイガー。
視界がイエローってこともないけど、臓腑がモスグリーンだぜ。

[PR]
# by ruif | 2017-05-16 08:34 | →日記。 | Comments(0)
5月15日、一階は塩揉みキュウリ、二階は酢昆布。
三階は白身魚の甘酢あんかけ。

最近いくつかの三段ケーキスタンドを書籍や映像で見かけたんだけど、何故か毎回、一階はキューカンバーサンドイッチが置いてあった。
えええー、だってそれってケーキを置くスタンドでしょ?
パンとキュウリだよ? キュウリサンドってイギリスではケーキなわけ?
と思ってたんだけど、ウィキペディアによると、かつてのイギリスでは生のキュウリは高級品であり、キュウリを食えることは貴族のステータスだったらしい。
ぽげぇー、ところかわればだにゃあー、て感じ。

世が世ならキュウリ貿易で外貨が稼げたのだろうか。
でも、シルクロードやマゼラン航路を生のキュウリは耐えきれまいなあ。

[PR]
# by ruif | 2017-05-15 21:27 | →日記。 | Comments(0)