9月26日、つらんどる綾那。
れいなでは?
といわれても、そもそもつらんどるじゃねーし。
前提が違うので、帳尻の合わせようもない。
ツライフォーザムーンてやつだぜ。

たぬきのやつ、今回3時間でやっつけたけど、たぶん一般正解率とかつけたらまあまあ遊べるから、検討しようかしら。
ただ「ネット繋がってないと価値が半減する」ので、ぼくの趣味には合わない。
子供達の情操教育のため、管理者ページから気軽に追加できるようにすれば?

[PR]
# by ruif | 2016-09-26 02:42 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月25日、ねむけがとんだばやしし。
なるほど3時半じゃねーの。

この時間まで何をしてたのかと言えば、別に今日読まなくてもいいお話を読んでたんだけとも。

[PR]
# by ruif | 2016-09-25 03:26 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月24日、雲へのキョムツ。
猶予が二日あるなら、ゴロゴロしながら一日潰してから動き出すのも一興ですわよ。
で潰した。

[PR]
# by ruif | 2016-09-24 20:55 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月23日、考察毒。
ぐぬぬ。無料で自由に考察できるコンテンツはないものか。
最近なんでかカクヨムも読めるようになってきたし(※サービス開始当初はデザインに拒絶反応が出てサイト閲覧自体できなかった)、何かしら作者がエゴサーチしてなさそうなのあるかしら。
なかったら普通に積み本をくずそう。
ミステリでやるのはあれだし、古典かSFで読んでないのあったかな。

[PR]
# by ruif | 2016-09-23 01:16 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月22日、心臓に龍の入れ墨。
かぁっこいい!
いれたくはない!
ねむたぁい!

一応このルールだと生死判定で死が出るまでは毎ターンダイス振り続けることができるので、オートリジェネレートさえついてれば回復担当がいなくてもそのうち復帰できる可能性はあるわん!
生命力の基本値はがりがり削れるので、平目で期待値超え続ける程度の超絶強運がいるけれど!
[PR]
# by ruif | 2016-09-22 02:05 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月22日、素数を数えて・・・。
頭がわんわん鳴るので、素数について考えることで、精神の平衡を保つこととする。



今更だけどFFSの素数の話である。
「素数は素数のみで数えれば12345678」というのは、
素数以外を数とみなさなければ、
1=>2, 2=>3, 3=>5, 4=>7, 5=>11, 6=>13, 7=>17, 8=>19, …
となり「単純な連番」としてみなすことができるという意味だ、との説があるらしいんだけど、
自然数と素数を自由に切り替えて認識、ないし世界に認識させる手段があれば、
確かに死なずにあの世に行くことも可能ではあるんだろう。

例えばFF5だと内部値では
暗闇   =01(1)
ゾンビ  =02(2)
毒    =04(4)
レビテト =08(8)
ミニマム =10(16)
カエル  =20(32)
石化   =40(64)
戦闘不能 =80(128) ※HEX(DEC)
ということになっているらしいので、素数に換算すれば
暗闇   =2
ゾンビ  =3
毒    =7
レビテト =19
ミニマム =53
カエル  =131
石化   =311
戦闘不能 =719
ということになり、要するに素数環境下でトードを掛けるだけで
その人物が「暗闇+ゾンビ+戦闘不能」状態だと自然数環境下の判断機構に誤認させ、
確かに生きたままあの世に行くことが可能になる。
そうとは。素数すごいなぁ。


その方向で考えると、素数爆弾というのは
本来自然数環境下で製造する爆弾を素数環境下で製造することで
#{自然数環境下爆弾ダメージ数}番目の素数分の値のダメージを与える

ということになりそうなものだけれど、
SaGaのかくばくだんって防御無視とはいえ精々400だか500だかのダメージしか与えられないので、
400番目の素数は2741、500番目の素数は3571と、案外大したことがない。
仮に9999ダメージ与えられるとして、9999番目の素数でもたった104723
FFSではHP100万が雑魚扱いされるようになる段階でも第一線で使われているから、実際もっと強いんだろうけど。
だから、たぶんこの方向で考えるのは間違っているんだ。



というか、そもそも素数爆弾はイベントアイテムであって、
ダメージ数値という基準は存在しない
のか。
「壊せる」「壊せない」の2択なのだ。
ドアや顔は破壊できるけれど、次元科学のズイのバリアは破壊できない。
エスパーや神様が気合で張る物と違って、
科学のズイの強力なバリアの例としては、
絶対計算できないものを計算させているため・・・答えが永遠と出ずバリアになってる
といったものがあるけれど、
要は数字で表せないか、数字で表すのが難しい物が科学系のバリアとしての強度が高いということになる。


なんかすごい数字らしいので強い。
何らかの方法で爆発に結びつけたらすごそう。
FFSの素数は世界の真理を解き明かす根源の概念であるわけだから、
つまり素数爆弾というのは、対象を完全に解析することでその数学的強度を限りなくゼロに近付け、
その隙に爆破する
という、バニシュデスみたいな兵器なのだろうか。

FFSの兵器が防御無視なのは単純にSaGaからの引継ぎによるものだと思っていたけれど、
解析による結合の解除、防御力の無効化というのがルールにあるのかなぁ。


素数に分解再構築という効果があるのであれば、
万能細胞BSのカギが素数だというのはわからないでもないけれど、
しかし、そんなに都合良くいくものだろうか。
これまでの話から考えれば、素数は数値化された情報を書き換えシステムを狂わせたり、
自然数下の存在を解析して分解するようなことはできそうだけれど、
任意の値を素数によって構成するの?

細胞の一つ一つが脳、細胞の一つ一つがICチップ、細胞の一つ一つが目玉、細胞の一つ一つが核。
そういった単一化ではなく、全ての細胞が全ての役割を持つ。
更に進化すると全てが顔になる。
うーん、まるで検討も付かない。
少しばかり考えてはみたけれど、やっぱりまだこれは素数の入り口に過ぎないんだなぁ。
[PR]
# by ruif | 2016-09-22 01:53 | ⇒放言レヴュー。 | Trackback | Comments(0)
9/21,オヒョイVSオヨヨ.
ドチラガカッテモジンルイニミライハナイ.
[PR]
# by ruif | 2016-09-21 09:16 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月20日、そういえばいつだったか、あまり問診技術の高くないお医者に当たった。
「このようにすれば患者がこう感じ、かくのごとく動くであろう」
というパターン化を取り入れているみたいなんだけど、残念なことに、それを成立させる要素が足りていない。
いわゆる、イケメンに言われたら惚れる言葉を普通の人が言っても気持ち悪い現象が生じていて、極めて不愉快であった。
生来の性質はまぁ仕方ない。自覚と対応が足りないのは別として。
その人は男性だったのだけど、指導医が女性だったとのことなので、たぶんその辺のズレが出てるのかもなぁ。

さておき、診療中に患者を放置して、看護師と昼飯の話を始めるというのは技術以前に糞なんだけど、結局あたりさわりのない薬を、影響の(下手したら効能も)出ない程度に処方されて、そのまま追い返されてしまった。
たまたま曜日と時間帯の都合でそこしか空いてなかったから行ったのだけれど、当日予約なしで入れるというのは、それなりの理由があるのだろう。
名指しで批判するのはこのブログの方針に反するし、二度と行かないのは良いとして、口コミサイトにでも書き込んでおけば良かったかしら。

最近、自分のこと、他人のこと問わず、病院に行くことが多い。
私自身常に体調は悪いし、身内の入院も多いので。
口コミサイトと言うのもそれほど宛になるものではない気もするので、機会があれば適当に色々回ってみようかなぁ。
機会があればって、つまり体を壊したらって話なんだけど。

[PR]
# by ruif | 2016-09-20 08:39 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月20日、にゃんこ。
😺😻
[PR]
# by ruif | 2016-09-20 00:46 | →日記。 | Trackback | Comments(0)
9月18日、むえきなときをすごした……。
emoticon-0158-time.gifつかれたわんemoticon-0134-bear.gif
[PR]
# by ruif | 2016-09-18 22:47 | →日記。 | Trackback | Comments(0)